いままでの記憶

作品の感想や考察、その他語りたいことなどを支離滅裂な文で書いていく究極の自己満足ブログ メイン:Key/ダンガンロンパ/科学ADV/アイマス

依田芳乃というアイドルのお話

f:id:aokabi_111:20180506051518j:plain

 

当ブログで担当アイドルについて語ったことがほぼないので、今回は総選挙支援(になるのか…?)も兼ねて依田芳乃というアイドルの話をします。

 

 

※あくまで個人解釈です。

モバマスデレステごちゃまぜで考えてます。

 

 

 

依田芳乃というアイドルは、まさしく”偶像”なのです。

拝み屋の家に生まれ、ばばさまから様々なことを教えてもらった彼女は、「人を幸せにすること」を使命として生きてきました。

 

そんな彼女に転機が訪れたのは、プロデューサーと出会い、アイドルになった時のことですね。

「アイドルというのはつまりーみなから崇拝される神様のようなものでしてー…つまりわたくしの天職といったところですのねー。そなたの望み通りみなに愛されてみせましょうー」

モバマス ノーマルカード特訓後台詞より)

人々に崇拝される神様……偶像となることが出来るこのアイドルという職業は、彼女の言うとおりまさしく天職だったのでしょう。

かくしてアイドルとなった彼女は、様々な物事を経験し、今に至ります。

 

 

では、彼女はアイドルとなって、どう変化したのでしょうか。

それを象徴する台詞が、デレステ「Take me☆Take you」コミュの1話の彼女の密着取材に存在します。*1

以下が該当箇所のスクリーンショットです。

 

 

f:id:aokabi_111:20180507214133p:plain

f:id:aokabi_111:20180507214141p:plain

f:id:aokabi_111:20180507214152p:plain

f:id:aokabi_111:20180506052102p:plain

f:id:aokabi_111:20180507214236p:plain

f:id:aokabi_111:20180506052133p:plain

 

以前とは異なり「洋服」を着るように変化した彼女が、この言葉を紡ぐということに深い意味がある。

 

そう、彼女は、生き方も在り方も、"なにも"変化していないのです。

 

確かに彼女は成長した。

鹿児島の離島に住んでいた頃に持っていなかった知識を、たくさん得ることが出来た。

仲間に恵まれ、その大切さを知った。

自らが探し求めていた、共に歩んでいく人を見つけることが出来た。

このように、"成長"はしたけども、生き方と在り方は変化しない。

常に自己を「人々を幸せにする存在」と定義し、他人の幸せのために生き続ける。

それはまさしく、人々の偶像という存在そのものではないのでしょうか。

 

「依田芳乃という存在は、その姿以上に大きく見える――――――」

これがこのコミュでの密着取材の、タイトルです。

16歳にしてはちょっと小柄な彼女でも、その信念と強さが、彼女を大きな存在に見せるのでしょう。

人の世に穢れは付き物でしてー。だからこそ、人は癒しを必要とするのですよー。
海が満ち引きを繰り返すようにー。太陽が沈み、また昇るようにー。疲れたら癒しを求めるのはー、自然なことー。
あいどるはー、癒しをもたらす存在ー。さすればー、わたくしはどんな代償を背負おうともー、輝く舞台で癒しを授けましょうー。

デレステ [わだつみの導き手] 親愛度MAX台詞より)

人は万能ではなくー穢れを背負い、悩み迷うー。わたくしはー、その全てで人が好きでしてー。
みなに、幸せになってほしいのですー。その力になるために生まれてきたと、思うほどにー。かくして、わたくしはー……。
さらなる高みを目指しながらも、みなのそばにー。そんなあいどるになるものでしょうー。そなたと目指しー、祈るようにー願いますー。

デレステ [わだつみの導き手]特訓後 親愛度MAX台詞より)

 

何があろうとも、自らの生まれ持った使命…人々を幸せにするためにアイドルで在り続ける。

その信念を貫く強さこそが、彼女の魅力だと自分は思っています。

 

 

人とは違う生き方を選ぶ彼女に、どこか寂しさを感じる人もいるのかもしれませんが…

以下の思い出エピソードを読んでみてください。

「そちらにいるのはそなたでしてー?もしや、わたくしの学び舎を訪れようと……。すれ違いにならなかったのは、幸いですねー。

よろしければ、しばし踏切のそちら側でお待ちくださいー。この黄昏時にこそ、そなたに伝えたい言葉がありますゆえー。

わたくしは、みなの声を聞き、生きる身ー。さだめとは認めどもー、自由に憧れー、寂しさを抱くこともありましてー。

学び舎のみなみなも、よき心の人ばかりでしてー。ですがー、わたくしとの間にはやはりー、越えがたき境があるのですー。

しかし、そなたは迷いなくわたくしの手を取りー、アイドルという世界へと導きー、境をひょいっと越えましたー。

いわばそれは、お互いに失せ物を見つけたに等しくー。そのことにあらためて、感謝を伝えたいのでしてー。ありがたきことー。

では、境を越えて……今日もわたくしとそなたとで、ともに歩むとしましょー。手に手を重ねて、携えてー。」

モバマス 「黄昏の映し人」後編エピソード より)

 

過去に、確かに彼女は自由に憧れ、寂しさを抱くこともあったのです。

そんな彼女が、探し続け、見つけることが出来た人。

人々の前では偶像であり続ける彼女が、その人の前では、ただ一人の16歳の少女に戻ることが出来る、居場所となりえる存在。

それが、プロデューサー。

自らの"使命"に生き続ける彼女にとっての、"運命"。

 

「時来たり、でしてー。ファンのみなみなに笑顔を届ける旅路を、今これより始めませー」

「この笑顔の源は、そなたなのでしてー。旅路の果てにそなたの下に帰るのも、さだめですなー」

モバマス 「アイドルプロデュース the 6th Anniversary」より)

 

芳乃だって、偶像の姿を捨てて、女の子になりたいことがある。

それは決して弱さなんかじゃなく、彼女が偶像で在り続けるための行為であり、また別の強さ。

 

お茶とお煎餅が好きで、色んなことに興味津々で、ちょっと甘えん坊で、どこか不器用だけど、

自分の信念を貫く強さを持っている少女。

それが、依田芳乃というアイドル。

 

そんな彼女の物語は、まだまだこれから。

次はどんな依田芳乃が見られるのだろう。

覚めない夢は、始まったばかり―――――――――――――

 

 

 

 

この文章を読んで、もし少しでも彼女に興味を持っていただけたのなら幸いです。

総選挙で票を入れて頂けるとさらに嬉しいです。

 

そして、特に興味を持ったそこのお方。

芳乃のプロデューサーになってみませんか。

きっと、芳乃もアナタという居場所を待っている。

人の幸福のために生きる彼女と共に歩んでいけば、きっと、人生の宝物を見つけられるはず。

 

f:id:aokabi_111:20171209072648j:plain

「笑顔に満ち満ちた会場をー、馬車でぐるりとひと巡りー……。素晴らしき旅を堪能しましてー。ありがたきことー。

かつては祭りでの大役を与えられー、人々のため、祈り舞うこともありましたゆえー。その景色と重ねておりましたー。

かんなぎとしての芳乃と、アイドルとしての芳乃……。似通ったところもあり、異なるところもあり……感慨深きものですー。

それでもただ確かなことはー……そなたがわたくしに見出した光が、今も昔も変わらずに、ここに在るということー。

そなたとの出会いで見つけたものは、今やわたくしの魂に等しきものでしてー。ゆえに、決して放してはなりませぬよー。」

 (モバマス [6thアニバーサリー]思い出エピソード 特別編2より)

*1:完全なる余談なのですが、TMTYのコミュはメインとなる5人のアイドルの在り方を再確認出来るデレステ屈指の名コミュなので未読の方は是非読んでみてください。